学校施設管理のDIY

学校施設管理に20年以上従事してきた学校用務員によるかんたんDIY術の紹介です。

毎日の床の管理

2019年01月06日 06時59分

モップをかける

毎日、管理棟の床の掃除をしていますが、広くて大変。

どこから来るのか?砂やらホコリやらいっぱいです。

1階部分は玄関や昇降口があり、あけっぱなしにしていなくても空気の流れが階段から上階に向かって流れるので開けた瞬間に外から中にホコリが吹き込みます。

それと、上履きのまま外に逃げ出す児童や追いかける先生には大変そうなので「きちんと足を拭いて!」とは言えませんね。

冬の乾燥した時期は廊下がしょっちゅう真っ白です。

簡単に済ませたいですね。

デカイモップ使いましょう。

体育館とかで使うヤツです。

しかも簡単に行うようにしましょう。


こんな感じのモップです。

難しい技術なんかはないです。

ひたすら真っ直ぐ前進します。

とにかくブレずにまっすぐのままですね。

途中で離したりするとホコリや砂が落ちてしまいますね。

廊下の幅なら4往復ですんじゃいます。


あっという間にこんなふうになります。

モップをかけ終わったら、ひっくり返します。


ひっくり返しました。これはまだ、少ない方ですね。

掃除機で吸います。

モップのどこか一箇所を踏んづけながら掃除機をかけるとうまくできますよ。

業務用掃除機の扱い方

やはり、学校などでは吸引力よりも、ゴミの吸収量で選びますね。

普段、床を掃除する時や棚やロッカーの上に積もった大量のホコリなどをブラシを付けて掃除する時は(雑巾なんかじゃ拭けない位に積もってます)遠心分離とか関係ないです。

とにかく量を吸えることが大事かなと思います。

コードを巻くとき、手の平と肘にくるくる巻いてませんか?

ロープなどを巻くときも同じですが、止めましょう。

コードはよれて中の線が断線してしまいます。

(ロープはキンクという状態になってしまいます。)

指でよりをとりながら丁寧に巻いていって下さい。

巻きやすいように一度、のばしてます。

必ず、ねじれを逃がすために差し込み口側をフリーにして巻きましょう。

慣れるとよれてる逆方向にゆびで回せるようになります。

キレイに巻けました。

終わりです。

毎日の仕事ですので手軽に済ませちゃいましょう。


 

関連ページ